AI主導のマルチアセット・インテリジェンス取引プラットフォーム

セキュリティが強化されたTraidiaの取引プラットフォームは、アルファを求める機関投資家の参入障壁を下げます。

一般概要

分析と洞察を統合した、セキュリティが強化されたマルチアセット企業取引ソリューションであるTraidiaは、取引と人工知能(AI)の両方を中核としています。

弊社のクラウドベースの注文管理(OMS)および執行管理システム(EMS)の実行に十分な軽量さは、購入側と販売側の両方にソリューションを提供致します。 Traidiaは、ブルームバーグや、EMSX、FIXへの接続を可能にし、いつでもどこでも、あらゆるデバイスからアクセス出来ます。 Traidiaは、アルファを求める機関投資家が新しい資産クラスへの参入する際に直面する障壁を下げます。

プラットフォームへの個々のアクセスはロールベースであり、完全なセキュリティや、管理、透明性を保証致します。 Traidiaのルールエンジンは一般的なまたは特注のルール管理を可能にし、規制に基づいて特定の機能を制限します。

Traidiaは機関投資家のクリプト市場への参入支援を主な目的としていますが、投資家がエネルギー/小売指数や、先物、デリバティブ、裁定取引(フィアットとクリプト資産の両方)、早期ICO参加、トラッカー資金などの市場での取引するための機能も提供しております。

Traidiaの違い

因子ベースのマルチアセット
取引戦略

因子ベースのマルチアセット
取引戦略

弊社の機関投資家はファクターベースの投資に精通しており、機関レベルの経験から構造化された原則的なアプローチを取り入れています。

この因子ベースのアプローチは、以下の組み合わせから導かれています:

量子化(基礎+定量的)

クライアントは、フィアット資産とデジタル資産の両方、およびクリプトのテクニカル分析に対応する個々の要因(例、EIP / BIP、ハッシュレート、フォーク、ガス料金など)、およびセンチメントシグナル(ソーシャルメディア、マーケットインテリジェンスなど)を取引できます。

エネルギー/小売インデックス、先物、デリバティブ、裁定取引(フィアットとクリプト資産の両方)、早期ICO参加、トラッカーファンドなどの証券は、使いやすいクラウドベースのプラットフォームにて利用できます。

投資アイデアの調達

投資アイデアの調達

Traidiaは、市場に先立って投資機会を識別し、ユーザーに通知致します。 ファンドが資産を世界中で管理している、もしくは米国だけで管理しているなどに関わらず、提供される市場データおよび取引のアイデアは、ファンド固有の目標と制限に反映しています。 規制上の制限を定義することで、弊社独自のトレードアイデアエンジンは、その資産の地域的な範囲に基づいて、ファンドにカスタムアイデアを提供することも可能です。 機関はルールテンプレートを活用し、コンプライアンスの取り組みを完全に自動化することによって、人的ミスによるコストのかかる余地をなくすことができます。

実績のあるフィアットクラスの多様化と資産配分

実績のあるフィアットクラスの多様化と資産配分

弊社の技術的遺産は、多様な資産配分に関するノウハウと、最適な収益を得るための戦略、大量の取扱いを備えていることです。そのノウハウと専門知識をTraidiaプラットフォームにて提供します。

安全な機関レベルの
プラットフォーム

プラットフォーム

弊社が所持しているフィアットワールド・トレーディング資格をTraidiaにて提供します。 セキュリティや、コンプライアンス、監査を対象とした、機関レベルの投資に採択可能な実務のみを適用します。

さらに、データセキュリティのベストプラクティスに関する専門知識と、それらが機関投資家向けの取引プラットフォームを作成するプロセスにとっていかに重要かを示します。 システムが、不正なユーザーによる機密のリソースやデータへのアクセスを防止するために、セキュリティテストと強化を絶えず実施しています。 技術が進歩するにつれて、できることが多くなっていますが、この分野での出費は惜しみません。

SaaS - 展開とメンテナンスの
柔軟性

SaaS - 展開とメンテナンスの
柔軟性

Traidiaは、机上の金具‐もしくは、流動性を提供したりガバナンスをサポートするための未知のノードの分散ネットワークに頼っていません。機関投資家の取引プラットフォームである装置とシームレスに接続する柔軟なSaaSモデルを提供しています。 弊社のオーダーメイドサービスは、インテリジェンス取引集約に対するクライアント固有のニーズを満たすための統合に対応しています。また、 業界標準のSLAを提供しており、プラットフォームは継続的に開発され、最新の機能で拡張されて最新の市場動向に適応しています。

交換パートナーシップ
プログラム

交換パートナーシップ
プログラム

今日、多くのクリプト取引所には、機関投資家の顧客があまりいません。機関投資家からクリプトアセット市場への参入の要求が高まっていますが、機関とクリプトアセット交換との間にはまだ満たされていないギャップがあります。 多くのTraidiaの顧客は機関投資家であり、すでに豊富な経歴を持っています。

Traidiaの顧客が取引所の紹介を通じて、より深い流動性へのアクセスを得られるための促進や、取引所に大量の法人顧客を導くことによる取引所の支援のため、取引所に近づく際の既存の関係の活用するように努めています。この活用は、Traidiaの顧客にとって有利な取引レートの交渉に役立ちます。更なるインセンティブとして、取引所に弊社への株式投資から利益を得る機会を提供します。これによって、取引所も弊社の顧客がもたらしたボリュームの利益を得ることができます。純粋なウィンウィンの状況では、取引所はTraidiaとの関係構築からのリターンを得ることができ、弊社のクライアントはより良い取引レートと流動性への好ましいアクセスを持つことができます。

最先端のAI技術

TraidiaのAIエンジンは市場の洞察と投資アイデアを生み出し、アルファを生み出すポートフォリオ取引戦略を提供します。

MLと統計的推論を適用して価格の変動と量を予測することは目新しいことではありません。 これらの過去の経験をAutoMIやトピックNLPなどの最新の革新的なAI / MLプラクティスと組み合わせ、異なる信頼水準のバンドで、設定時間内にコンテクストアウェアネスや、アルファ生成ポートフォリオ取引戦略の作成および検証のためのAIのボラティリティ推定、VAR推定、価格信頼帯を提供します。

統一ウォレットエクスペリエンス

Traidiaは、投資家のすべての資産を1つの安全なプラットフォームに統合するための統合ウォレットを提供します。

現在のエコシステムでは、投資家はそれぞれ個別の秘密鍵を持つ複数のウォレットを維持する必要がありますが、Traidiaは統合されたウォレットを提供し、投資家の資産すべてを1つの安全なプラットフォームにまとめます。 機関投資家の資本管理に精通している人にとって、これは慣れていることです。 さらに、弊社のブロックチェーン技術の専門知識と開発ツールは、クライアントのためのティアベースのセキュリティオプションの検討を可能にします。 個々の機関の好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。

ワンポイントKYC

Traidiaは、取引所とユーザーの間の分散型仲介者として機能します。 従って、ユーザーはKYCプロセスを一度のみ通過するだけで済みます。

どの投資家にとって、最も注目に値する(そして非常に議論されている)問題点の1つは、交換に時間がかかるKYCプロセスを複数経験していることです。 単一の交換が既存のすべてのクリプト資産を保持することはありません。 Traidiaは、交換とユーザーの間の分散型仲介者として機能します。 市場にすぐにアクセスするためには、ユーザーは弊社のプラットフォームでKYCを一度のみ通過する必要があります。

規制当局との整合性を保ち、コンプライアンスを維持するために、Traidiaプラットフォームを使用するファンドには、管理者が法的に準拠したパラメータの範囲内でのみ取引を行うように自動化されたルールがあります。 ファンドマネジャーがB国に対する制裁措置があるA国にいる場合、そのファンドマネジャーにはB国の資産に関する取引のアイデアは与えられず、取引の執行はできません。 弊社は投資家からその負担を取り除き、そしてこれを価値がある、あらゆるプラットフォームのためのテーブルステークスと見なします。

取引執行および流動性

Traidiaは、伝統的な市場向けにプライベートなダークプールを作成し、実行に洗練した流動性の層を追加します。

最も有望なクリプト資産のいくつかは、残念なことに市場深度が限られています。これにより、大口のバイヤーが資産価格に影響を与えず取引を行ったり、広い市場での取引戦略を開示することなく取引をすることが困難になります。

投資家の戦略が明かされないようにするために、Traidiaのエンジンは最低の購入価格をもたらす取引を識別し、複数の取引所にわたって実行します。Traidiaは最も抵抗の少ない経路を特定することによって流動性を調達します。弊社は、伝統的な市場のためにプライベートなダークプールを創出するために、我々の経験を活かし、執行に洗練された流動性の層を加えています。

 

慈善のためのブロックチェーン

機関投資家は自身が選んだ登録慈善団体に集められた資金を寄付することができます。 Traidiaも、同じ正当な理由にて、手数料の一部を寄付します。

顧客自身の名義で施行されることによって、弊社の顧客のための有効な外部マーケティングの機会であるだけでなく、それはまた顧客のスタッフの保持と減少に良い影響を与えます。

企業の社会的責任の精神は、当社の技術と道徳の両方に組み込まれています。さらに、世界規模の災害が発生した場合(災害救済の緊急基金と同調した場合)、Traidiaとその顧客の名義で資金が自動的に世界の災害基金に一括送金されるようにシステムが構築されます。

弊社は、Traidiaユーザーがアルファリターンを享受し、それが高いROIにつながると確信しています。ごく一部のROIの自動寄付を正当な理由に組み入れます。

寄付は、改ざん防止ブロックチェーンテクノロジーで管理および管理され、寄付者、監査人、および恩人に対して完全に透過的になります。

チーム

ダレン・ブラウン

ダレン・ブラウン

創始者

ダレン・ブラウン

創始者

ダレン・ブラウン

Traidiaの創設者、一流の技術起業家、デジタル市場に特化した30年間の経験、実績のあるIPO / AIM資格、クリプトとブロックチェーン市場の早期採用者。

クマール・ヴァルサニ

クマール・ヴァルサニ

最高技術責任者

クマール・ヴァルサニ

最高技術責任者

クマール・ヴァルサニ

Traidiaの創設者、最先端のソフトウェア/ FinTech開発者。 10年間の経験、金融機関/取引執行のための取引ワークフロー、クリプト通貨のためのポートフォリオと注文管理の専門知識。

ダニー・ホランド

ダニー・ホランド

ブロックチェーンアーキテクト・リード

ダニー・ホランド

ブロックチェーンアーキテクト・リード

ダニー・ホランド

ポリマス&義務データ、認定ブロックチェーンソリューション・アーキテクトおよびスマートコントラクト開発者であるホランドは、世界中のICO、TGEおよびブロックチェーンプロジェクトのコンサルティングおよび開発を行っています。 スマートな契約を監査し、Ethereumメインネット上に多数のERC20とERC721トークンをコード化して展開しました。 Stellar、Wanchain、Achain、そしてプライベートブロックチェーンでもスマートコントラクトを開始しました。

ピーター・ニューマン

ピーター・ニューマン

チーフ・クリプトグラファー

ピーター・ニューマン

チーフ・クリプトグラファー

ピーター・ニューマン

Traidiaの創設者、ソフトウェアエンジニア/クリプト技術者、海賊版対策大手のエキスパート(C-Dilla)、世界103カ国で特許を取得、C-DillaをMacrovisionに約6,000万ドルで売却。

ダレル・モット

ダレル・モット

最高商務責任者

ダレル・モット

最高商務責任者

ダレル・モット

Traidiaの創設者、ロンドン証券取引所の元株式状況アナリスト。 マーケティング代理店のオーナー、30年間のセールス&マーケティング経験、アーセナルフットボール・クラブのデジタルおよびウェブビジネスのコマーシャルオペレーション責任者。

ジョーダン・ラス

ジョーダン・ラス

インフラストラクチャーヘッド

ジョーダン・ラス

インフラストラクチャーヘッド

ジョーダン・ラス

シニアITコンサルタントおよびITプロジェクトマネージャ。ITインフラストラクチャの設計、展開、およびセキュリティに関する25年以上の経験。 ビジネスに不可欠な取引システムのための高性能、可用性、および災害復旧を保証するShellトレーディングのインフラストラクチャーアドバイザー。

ラジ・ゴルシア

ラジ・ゴルシア

最高デジタル責任者

ラジ・ゴルシア

最高デジタル責任者

ラジ・ゴルシア

オーダーメイドのPHP開発、ウェブサイト/ウェブアプリケーションのスペシャリスト。 民間および代理店環境で16年間の経験。 自動化されたソリューションの導入、目新しいデジタルテクノロジー/ CRMの実績。 Arsenal.com、Lloyds TSBおよびLGの元開発者

エド・デニコラ

エド・デニコラ

Traidia TV・ヘッド

エド・デニコラ

Traidia TV・ヘッド

エド・デニコラ

ケーブルネットワークや、Nielsen Company、Media Predict、TiVo Research、Cambridge Analyticaなど、複数の研究およびデータ分析ベンダー企業にて15年間の経験。 インターネットが当初テレビからの視聴を奪っていなかったことを証明するために最初の正確な評価調査を設計しました。

ヤニス・カルフォグル博士

ヤニス・カルフォグル博士

チーフ・データ・サイエンティスト

ヤニス・カルフォグル博士

チーフ・データ・サイエンティスト

ヤニス・カルフォグル博士

AIおよびブロックチェーンのエキスパートであるTraidiaの創設者、研究開発、商業展開および新興技術投資における28年間の経験、複数の業界での経験(Ricoh、Invesco、Wipro、Samsungなど)、AIおよびブロックチェーンプログラム、戦略的テクノロジーロードマッピングおよび実行。

ティム・ホワイト

ティム・ホワイト

チーフ・データ・サイエンティスト

ティム・ホワイト

チーフ・データ・サイエンティスト

ティム・ホワイト

一流の技術開発者およびシステムアーキテクト。allhomes.com.auの元CEO(6,000万豪ドルでFairfaxメディアに売却)。 デジタルクラシファイド・グループの理事会メンバー。 RiotACT(digi-news /意見プラットフォーム)の50%の株主。

ジェフリー・ウン博士

ジェフリー・ウン博士

チーフ・データ・サイエンティスト

ジェフリー・ウン博士

チーフ・データ・サイエンティスト

ジェフリー・ウン博士

AI戦略&機械学習エキスパート。 Imperial CollegeをスピンアウトしたCortexicaの元共同創設者。ロンドンのユニコーンBenevolent.aiのCTOを設立しました。 ハイテク新興企業の役員および顧問。

チーム・エクスペリエンス

London Stock Exchange
ITV
Founders Factory
BenevolentAI
Imperial College
Samsung
Arsenal
Invesco Perpetual
Cortexica

ロードマップ

2018年第2四半期に、MVP(Minimum Viable Product)をローンチしました。MVPには、取引前後の自動ワークフロー、およびユーザー定義のルールエンジンが含まれているため、ユーザーは戦略を自動化できます。

2018年第4四半期には、プラットフォームに関するさらなる開発作業が行われます。 ここで、弊社のプラットフォームはより多くのクリプト交換APIと統合され、少数の選ばれたクライアントのためのベータテストを継続します。

2019年第1四半期、Traidia WalletとUniversal KYCの機能が統合されます。 この開発は、間もなく世界最先端の保管ソリューションと統合されます。

2019年第2四半期、弊社のクリプトアイデア・モニター(Crypto Ideas Monitor)、寄付および行動分析モジュール用に完成したチャリティーモジュールと組み合わせた、弊社のベアメタルAIソリューションとの統合を検討しています。

2019年第3四半期、Traidiaは正式にプラットフォームを立ち上げ、AIの機能性の構築、市場予測モジュールの合理化およびそれ以上の機能強化に引き続き注力致します。

2017

MVPの開始
フレームワークの開発

2018
年第1四半期

基本とブロック配分
注文管理とルーティング
ファンドとポートフォリオ管理

2018
年第2四半期

MVPのローンチ
取引前後の自動ワークフロー
ユーザー定義ルールエンジン(取引前後)

2018
年第4四半期

シード資金
クリプトエクスチェンジAPI(Crypto Exchange API)と統合されたプラットフォーム
ベータテスト(家族オフィス/ヘッジファンド/ HNWI)

2019
年第1四半期

MVP バージョン2のローンチ
集中デジタルアセット・ウォレット
ユニバーサルKYCシステム
カスタム保管モデル
戦略管理

2019
年第2四半期

AIモジュール統合
行動分析
クリプトアイデア・モニタ
寄付のためのチャリティーモジュール

2019
年第3四半期

プラットフォームのローンチ

お問い合わせ

お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。下記のフォームにご記入ください。

詳細情報を登録する: